本文へスキップします。

子供政策連携室

TOP > 子供政策連携室

東京都では、都政の政策全般を子供目線で捉え直し、政策を総合的に推進する体制を構築するため、「子供政策連携室」を設置しました。 国内外の先進事例調査等をもとに、企画立案機能を担うとともに、関係局との連携体制を構築し、子供に関わる複合的課題に対応します。 また、多様な主体と連携し、福祉や教育の枠組みに捉われない幅広い視点で先進的な事業を展開していきます。

こども未来会議

「子供が笑顔で子育てが楽しいと思える社会」の実現に向けて、従来の枠組みにとらわれない幅広い視点で議論を行うため、有識者・著名人等からなる「こども未来会議」を設置します。

子供政策総合推進本部

都政の政策全般を子供目線で捉え直し、子供政策を全庁的に推進するため、知事を本部長とする子供政策総合推進本部を設置しました。

こどもスマイルムーブメント

東京都は、「チルドレンファースト」の社会を創出することを目的として、幅広い主体が連携し、現在と未来の子供の笑顔につながる「こどもスマイルムーブメント」を展開します。

東京都こどもホームページ

子供たちが楽しく東京の魅力や都政に接することができる「東京都こどもホームページ」をスタートしました。これからも皆さんの声を聞きながら、より良いサイトに育てていきます。 ぜひご意見・ご感想をお寄せください。

育休取得応援サミット

職場の理解が得づらいことやキャリア形成への不安などから、育児休業の取得を躊躇する人が未だに多くいます。「育休」を「仕事を休む期間」と捉えるのではなく、「社会の宝である子供を育む期間」と考えるマインドチェンジに向けてディスカッションし、育休の愛称を発表します。

「育児休業」の愛称を募集します

職場の理解が得づらいことやキャリア形成への不安などから、育休の取得を躊躇する人が未だに多くいます。育休を「仕事を休む期間」と捉えるのではなく、「社会の宝である子供を育む期間」と考えてみませんか?育休のイメージを一新するみなさんのアイデアをお待ちしています。

「こども記者」募集!

こどもスマイルムーブメントの取組の一環として、子供目線で新たな発見や魅力を発信する体験プログラム「こども記者」を実施します。 このたび、「こども記者」として参加いただける小学生の募集を開始しましたので、ご応募お待ちしております!

お問い合わせ

子供政策連携室子供政策連携推進部企画課
03-5388-2165 03-5388-2165
S1110101(at)section.metro.tokyo.jp
※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。
 お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。