本文へスキップします。

都の基本計画

TOP > 都の基本計画

「未来の東京」戦略

東京都は、明るい未来の東京を切り拓くための都政の新たな羅針盤として、「『未来の東京』戦略」を令和3年(2021年)3月に策定しました。

未来へつなぐTOKYO2020の記憶

東京2020大会の記憶とともに、大会に向けた取組を振り返り、大会が開催都市・東京にもたらしたものを共有し、その成果を都市の発展へと繋げていくため、「未来へつなぐTOKYO2020の記憶」を作成しました。

構造改革の推進

新型コロナウイルス感染症との戦いは、デジタルトランスフォーメーションの遅れなど、我が国が抱える社会の構造的な課題を顕著に映し出しています。国難ともいえる危機に直面している今だからこそ、変革の契機ととらえ、制度の根本まで遡って、「社会の構造改革」と「都政の構造改革」を強力に進めていきます。

都市強靭化プロジェクト(仮称)

東京は、今後、気候変動の影響により激甚化する豪雨災害や、切迫する巨大地震、世界レベルで脅威となり得る感染症の発生など、これまで経験したことのない危機に直面する可能性があります。こうしたことから、災害に対して強靭な都市のあるべき姿を示し、都市やインフラのあり方、長期的な視点から取り組むべき施策の道筋を明らかにすることを目的として、「都市強靭化プロジェクト(仮称)」を始動させました。

SDGs実現への取組

東京都では、都内区市町村をはじめ、都民・企業・大学など多様な主体と共に持続可能な都市・東京を実現することを目指しています。このページでは、SDGsの達成に向けて、東京都と都内区市町村が実施している様々な取組をご紹介します。

大学との定例懇談会

東京都および都内の大学が、今後の政策連携を視野に、恒常的なコミュニケーションの場を形成し、東京の課題解決や東京の未来、国際競争力の向上等について、自由に意見交換を行うことを目的に、大学との定例懇談会を設置しました。

大学との共同事業

「大学との定例懇談会」に参加する大学の持つ「知」のリソースを生かし、東京の持続的発展やSDGsの推進に資する共同事業を実施しています。

過去の計画等

これまで計画部が取り組んできた事業です。